UA-78778073-1

各種武器について

刀(打刀)

いはゆる日本刀のことです。
刃が上になるように腰に差します。
通常は斬ったり突いたりなど、斬撃刺突に特化して使用しますが、武神館では斬撃刺突以外にもある特殊な使用方法が存在します。

「まだまだ刀を使つているようでは、刀を使ふことはできない。」初見宗家はよくこのように言はれます。

通常の稽古では模擬刀、木刀を主に使用します。
真剣同士での稽古は怪我の可能性が非常に高くなるため、基本的には行ひません。

太刀

これもいはゆる日本刀のことです。
ただし、太刀は腰にさすものではなく、刃を下に向けて、腰に履く形になります。
その大きな特徴の一つとして、太刀の扱いは騎馬武者同士での馬上戦闘、馬上指揮を想定してゐるので、片手で扱えるやうに柄の部分に反りが入つゐいます。
この反りがあることで、柄が前腕部分にひつかかり容易に片手で振り回せるのです。
実際に持つてみるとその握りやすさ、扱いやすさが実感できることと思ひます。

忍者刀

戸隠流忍法体術など忍術流派に伝はる刀です。
通常の刀よりも六寸(約18センチメートル)ほど刀身が短くなつてゐます。
そして、形状は直刀ではなく、通常の日本刀と同様に反りもあり、鞘も通常の日本刀と同様のものを使用します

戸隠流忍術では、直刀の形状ではすぐに忍者だとばれてしまうので、通常の日本刀と同じ形状のものを利用します。
この刀身の短さを利用した様々な技法が伝わつてゐます。
また下げ緒も通常の刀よりも長く、約三尋(ひろ)(約5メートル)ほどあります。
この通常よりも長い下げ緒を利用した様々な技法も伝はつてゐます。

忍者らしい機先を制したような戦い方もします。

六尺棒

六尺(尺骨の長さ六個分、約1.8メートル)ある棒のことです。
全ての武道は棒術から始まつたと伝はつてゐます。
または一説に、戦場で槍などの先端を折られた、切られた際に棒術を駆使して戦つたといはれております。
六尺棒といつても細いものや太いもの、両端に重りとして輪がついているもの、虚無僧や修行僧が使用した錫杖のやうなもので種々雑多です。
「棒は体とともに踊る」、その虚実転換の妙技に棒術の醍醐味、極意があるといつても良いのではないかと思ひます。
武道具屋さんに行くと赤樫、白樫の六尺棒が売つてゐるので通常はそれを使用します。

半棒

その名前の通り、六尺棒を半分にした長さで、三尺(約90センチメートル)の長さの棒です。
半棒は六尺棒やその他長物の武器が折れたり切られたりした際に使用したと言われている武器です。
六尺棒の半分の長さしかなく、間合いが短い為、体術と組み合わせて使ふことが多いです。
半棒そのものでなくても、傘などで代用できるため、意外と応用範囲の広い武器となつてゐます。

杖(じょう)は一般的に想像される「つゑ」をイメージされてかまひません。
半棒と似ていますが、半棒よりも細く、少し長いです。四尺前後の長さとなります。
杖と半棒の違いはその長さです。
長さの違いで使ふ技法が若干ですが変わつてきます。

仕込み杖/仕込み刀

杖にいろいろな仕掛けが繰り込まれている武器になります。
仕込み刀は座頭市に代表されるやうに杖の中に直刀の刀身が仕込まれてゐるもので、逆手に握り斬撃や刺突などをしたりします。
仕込み杖には四尺のものと六尺のものとがあります。
しかしながら、仕込みといふくらいですから、やはりその意表をついた使ひ方が一番の特徴になつてきます。

戦国時代に戦場で大活躍をした武器です。その間合いの長さは刀剣のそれを軽く凌駕します。
かつて戦場では、大多数で密集して槍衾を作るという戦法がよく使用されました。
個人同士で対峙しても刀剣に対して非常に有利です。
基本的にはその長い間合いを生かして戦ふことになります。

薙刀

奈良や平安時代から発祥し、源平の時代によく使用されてゐたといはれている武器です。
槍は刺突に特化している武器ですが、薙刀は基本的に斬撃に特化しており、遠い間合いから斬りつけることが可能です。
間合いの長い武器であるため、屋内など狭い空間で扱う際には壁などにぶつからないやうに扱うコツを身につける必要がありますが、逆に言ふと、その名の通り、薙ぎ払ふものなので、広い場所での集団戦などで活躍することができます。

長巻

長巻は太刀に長い柄を付け、変化させた武器です。
薙刀とは若干異なり、太刀の刀身がそのまま柄についてゐるやうな形です。
太刀の斬撃刺突特性だけでなく、長い間合いをも兼ね備えた武器です。
普段なかなか見かけない武器の為、最初のうちは珍しく感じるかもしれません。

眉尖刀

眉尖刀といふのは、基本的には薙刀と同様ですが、その最大の特徴は、その大きさとその重量にあります。
薙刀と比較して、非常に大きく、また重量も相当あるため、扱ひが非常に難しいものです。
戦場では騎馬武者の馬の脚ごと薙ぎ払つたと言はれています。
まさに「剛よく柔を断つ」といふような武器です。
しかしながら、「柔よく剛を制す」といふ言葉の通り、その規格外の重量をうまく利用することも必要となつてきます。

手裏剣

言はずと知れた忍者の武器です。一般的に想像されるのは十字手裏剣といふものですが、各流派によつて形状が異なります。
戸隠流忍術では、旋盤手裏剣といふ若干正方形に近い形のものを使用します。
また、十字手裏剣のほかに棒手裏剣という棒状の手裏剣があり、こちらも良く使ひます。棒手裏剣の打ち方は直打法と反転打法の二種類がありますがありが、コツさえ掴めば、よく命中するうやうになります。

また手裏剣は投げるためだけに使ひません。といふよりもむしろ本来は投げるために使いません。別の用法が存在します。いろいろな使ひ方が残されてゐます。

鎖鎌

武神館では距跋渉毛(きょけつしょげ)と呼んでおり、その歴史は古く、後世忍者の使う鎖鎌の前身となつた武器です。鉄製の刃の付いた鎌と丸い鉄製の輪がつながつてゐます。後世に出現したといはれてゐる鎖鎌だと鎌と分銅は鎖でつながつてゐますが、距跋渉毛は女性の髪の毛を編みこんだものでつながつてゐます。
両手に展開した場合、一方の手で鎌、もう一方の手で丸い鉄製の輪を操作します。
両手に武器を展開せずに腰に差したまま、体術と組み合はせて捕縛術のように使用することもあります。

十手

鉄製の棒に鉤の付いた武器です。時代劇などでご覧になられたことが多いかも知れません。
鉤の部分を利用して斬撃を受け止めたり、鉤や先端の部分で当身を加えたり、用途は様々です。
しかしながら、間合いが短い武器ですので、武器単独で扱ふのではなく無刀捕りの極意と同様に、体術と併用して使ふことが大事になります。

鉄扇

鉄でできた扇です。一見普通の扇に見えますが、鉄でできてゐますので、重量と硬さがあります。
この武器はおおつぴらに武器として使ふのではなく隠し武器として使用することが最も基本的な使ひ方になります。
もちろん、普通の扇としても使へます。ただし重いので、すぐに疲れてしまうかもしれません。

鎖分銅

鉄製の分銅同士を鎖で連結させた武器です。分銅自体に相当の重量と硬さがあり、それに回転の勢いをつけてぶつけるので、並みの鈍器以上の破壊力を発揮します。恐ろしい武器です。
これも隠し武器として使用し、相手の意表を突くことができますので、破壊力は抜群です。
近接戦闘に特化した武器と言へるでせう。

その他

その他にも武神館には多くの武器が存在します。
とくに、忍術流派である戸隠流忍法体術玉虎流骨指術虎倒流骨法術には、その流派の技を倍加させるような様々な隠し武器が存在します。
そのような伝統的なもの以外にも初見宗家は近代兵器、火器である銃を使ふこともあります。
その一つ一つはここには挙げられませんが、様々な武器を使ふことで武器の使い方の特徴が分かつてきます。
さうなるとどのような武器を利用しても応用変化は可能であり、幅広く対応することが可能になつてきます。

最後に

ここで紹介した武器の扱ひ方は一般的な扱ひ方を元に多くを記載させて頂いております。
当然そのような使ひ方もしますが、武神館での使ひ方はそれだけではありません。ここには書けませんが、虚実転換といつて様々な使ひ方をいたします。
その虚実転換のもとになるのが、柔軟な発想と咄嗟の判断です。
この能力は切迫した危難に直面したときだけでなく、日常の生活にさまざまな場面においても役に立つものだと考えております。
さういつた能力を養っていくのも武神館武道体術の稽古の一環でもあり、醍醐味でもあります。

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.