UA-78778073-1

神伝不動流打拳体術

神伝不動流打拳体術については、出雲冠者義照が永久年間(1113年頃)に創設したと言はれています。


高松寿嗣翁が幼少の頃、
戸田真龍軒正光翁より最初に習った武術の流派であるとも言はれています。


打拳体術といふ名の通り、敵の攻撃に対し投げ(投げ技)
あるいは逆を捕り(関節技)あるいは打拳により敵を死に至らしめる、といふのがこの流派の特徴となつています。


天の型(一拳八相)、地の型(秘拳一瞬)、自然至極の型
と体系がなされていますが、

自然至極の型といふのは、我が体から力を抜き風に吹かれる草木のように自然の状態に保つことを意味しており、

我が意を消して、自然のままに体が動くそんな境地がこの流派の思想として流れてゐます。

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.