UA-78778073-1

道場名の由来

道場名の由来は私の母校である私立開成中学、開成高等学校から来ています。

開成中学、開成高等学校は、明治4年(1871年)、加賀藩の洋学・砲術・海洋学の講師であり、後に古石川造兵司頭になった佐野鼎先生によって創設されました。

最初は共立学校という名前でしたが、明治28年(1895年)に東京府開成尋常中学校と改名されました。

この開成という言葉は、「開物成務(かいぶつせいむ)」という易・繋辞伝にある言葉からとられており、その意味するところは、

「万物を開発してあらゆる事業を完成させること。また、人々の知識を開いて世の中の事業を成就させること。人間や禽獣に至るまで、閉じふさがり通じないものを開き、それぞれの事物の当然の職務や事業を成就し完遂させること。」

「『開』は閉じふさがり通じないものを開き発展させる意。『物』は万物。『成』は成就の意。『務』は務め・職務・事業の意。」

となっています。

「物(もの)を開(ひら)きて務(つと)めを成(な)す。」

と訓読します。

この言葉のとおり、古武道、古武術、忍術の錬磨を通して、個人が成長することを第一に、道場で培った技術や考え方を、広く世のため、社会のために役立てて、己の務めを成してもらいたい、との思いからこの開成という言葉を道場名にしました。

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.