UA-78778073-1

ブログ

稽古報告

2016.12.09

稽古報告24

 先日は受身などをやった後に、九鬼神流の一本目の生音の型とそこからの変化をいくつかやりました。
ここからの変化、派生も結構沢山あります。
派生といってもきちんと理合を分かっていればいくらでも応用変化
が可能になると思います。
最近は2時間の稽古では足りないくらい、
やらなければいけない技、やりたい技がたくさんあって少し困っています。

2016.11.20

稽古報告22

先日は黒帯の方がメインだったので、少し高度な技をやりました。

私自身、投げ技が好きなのでいくつか特殊な投げ技を行いました。

巌石投げという、武神館の基本八法の中に組み込まれている基本の投げから初めて、その変化と、さらには投げ技から別の投げ技への変化などを行いました。

また、ただ単に投げるだけでなく、高低差を使って返し技を食らわないような投げ方も行いました。

と、こんな具合でいろいろ投げ技をやりましたが、その前にきちんと、担ぐということはどういうことなのか、どういう状態なのかということを説明をして理解してもらいました。

また実際に担いでもらって担ぐとはどういうことなのか体験してもらいました。

担ぐこと自体は正しいポイントさえ押さえてしまえば、誰でもできるようになると思います。

この日は投げ技メインでしたが、いい稽古ができました。

2016.10.19

稽古報告21

先日は黒帯の方が2名、稽古に来てくれたので、黒帯相手の普段なかなかやらない稽古を実施しました。

まずは受け身をザーッと流してから、受け身動作を応用した極め技への連携をいくつかやりました。
ここでも受け身動作の基本ができていることがその後の技への展開をスムーズにする上で重要となります。
なので当道場では受け身を習熟することを大事にしています。
 
また、極め技から変化して、締め技もいくつか行いました。そこからフロントチョークの極め方などに発展したのでそのやり方と、表逆との共通性についても説明しました。
またフロントチョークと虎倒流の飛搾の連携応用とフロントチョークからの逃げ方などを実施しました。
 
今回は黒帯相手にメインに行ったので、技の応用変化ということでいろいろとやりました。
たくさんの応用変化があったので、黒帯の二人にも楽しんでもらえたようです。

カレンダー

«4月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

フィード

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.