UA-78778073-1

ブログ

随筆

2016.12.20

投技

 先日は柔道場が借りられたので久しぶりに投げ技をメインに行いました。
小一時間くらい、投げられてもダメージの来ない受身について教えたあと、ひたすら1時間くらいお互いに背負い投げで投げまくりました。
投げ方も横からすっぽ抜けるような投げ方ではなく、縦の軌道で、真っ向斬りに相手を地面に畳に斬りつけるように投げました。
ズッダーン、ズッダーンと互いにいい音を出しながら互いに畳に投げつけ合いました。
共に投げられてもダメージが来ない受身を取っているので問題はありません。
私自身、投げ技や、投げの受身を取るのが好きなのでどんどんエンジンが掛かってきて背負い投げやら、その変化やら、これでもかっていうくらいお互いに投げ合いました。
最後は高木楊心流の締め方とその変化応用をやって終わりました。

2016.08.07

投げ技

先日は投げ技でお互いにバンバン投げまくりました。

投げ技といっても投げる方向には、剣術のように袈裟斬り方向に投げるやり方や真向斬り方向に投げるやり方などいくつかあります。
どの方向に投げられても、腰や背中を強打しない受身が必要になります。
地面に軟着陸するようなイメージです。
ふわっと体を軽くして空中で回転している最中に軟着陸体勢を作るのです。
そうすればいくら投げられてもダメージは全くありません。
このような受身もちゃんと教わればできるようになります。
 
この日は普通の投げ技以外にも両腕を完全にロックして、極められた状態からでもバンバン投げました。
両腕が全く使えない状態ですが、このような時でも足をうまく使って軟着陸する受身が取れます。
空中で回転する感覚がわかれば誰でもできるようになると思います。
古流独特の投げ技であり、受身です。
 
また機会を見つけて投げ技をバンバンやっていきたいと思います。

2016.06.20

天誅

天誅というゲームがあります。
これは、自分が高校生くらいの時に発売されたゲームで、
メタルギアソリッドなどともにステルスゲームのはしりとなったゲームです。
このゲームは忍者ゲームとして非常に忍者の再現度が高く、
日本ならではの世界観をかなりリアルに表現しており、まさに自分が忍者となって活躍できるゲームです。
自分もこのゲームに出てくるキャラクターのようにアクションをし
てみたいなと思ったものです。
忍者として影に潜み一撃のもとに敵を倒したり、
時には忍具や刀を駆使して敵と戦ったり、忍者としての魅力がたくさん詰まっています。

現代、
忍術流派として忍具の使い方やその他の技法を教えているところは数少なくなってしまいましたが、武神館には戸隠流、雲隠流、玉心流の三つの忍術流派が伝わっています。
手裏剣やまき菱、忍者刀や目つぶしなどを使った技法や、
素手での関節技、投げ技、当身技等の体術、敵から刀や槍、薙刀を奪った際にそれを逆に利用することができるための各種武器術、といった具合に様々な技法が伝わっています。

単なるコスプレではなく、本物の技術、体術、
武器術を身につけた忍者になりたい方は是非、一緒に稽古をしましょう。


古武道/古武術/忍術を習いたい方は連絡お待ちしております。
浜松町(大門)や田町(三田)など、
東京都港区で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も大歓迎です。一から丁寧にお教えします。

 
 
 

2016.06.13

武神館本部道場での稽古②

 先日もまた本部道場へ稽古に行き、初見宗家のクラスに参加してきました。
宗家は、
「強いやつを倒すのではなく、強いやつを操る、
コントロールすること。悪いやつでも良いやつでも強いやつはたくさんいる。」
「避けようとしないこと。」
ということを何度も強調されておりました。
いろいろと考えさせられる言葉でした。
古武道にはこのようにいろいろ先人、
先駆者たちの知恵が含まれており、非常に深い哲学的なものも含まれています。
一見、身体だけを使うのかと思いきや、
そうでもなかったりするのです。
そう意味では、身体だけでない、
発想の柔軟性やいろいろなものを身につけることができます。
それがただの運動とは違う古武道の持つ奥深さ、
懐の深さなのではないかと思います。


古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、
東京都港区で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も歓迎です。一から丁寧にお教えしています。

2016.06.10

やはり受身は大事

 先日、ふと受身など武道の話をしていて思い出したのですが、やはり受身というのが非常に重要ですね。
受身を取ることで、技から離脱できるだけでなく、そこからの反撃にもつながりますし、何よりも怪我をしないように、稽古を続けるための必須技術となります。
また受身ができますと、3Dの立体的な投げ技が(私は勝手にエアリアルと名付けておりますが)たくさん稽古できるようになるので是非マスターしていきましょう。目指せ!受身十段!という感じでしょうか^^
関節技への極め方についても思い出しましたが、武神館にもいろいろな関節技があります。
極め方についてはいろいろやり方があるのですが、細かい理合いが分かってくればいろいろ応用が効いてくるので面白くなってきます。
どんな習い事も最初はぎこちないですが慣れて上達してくれば徐々に面白くなってきますので、最初はゆっくりでもいいので頑張っていきましょう^^
かくいう私もまだまだ修行中の身なので偉そうなことは言えませんが^^;


古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、東京都内で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も歓迎です。一から丁寧にお教えします。

2016.05.29

武神館本部道場での稽古

久しぶりに今日は千葉県野田市にある武神館本部道場へ稽古に行ってきました。

私の先生に当たる中太先生も来られていました。

本部道場の稽古で、初見宗家の動きを見て、流れるような動き、無理無駄のない変化、気配のない動き出し、屈強な外国人を悲鳴を上げさせてリアルに制圧する技術、などなど、いろいろ拝見させて頂いて非常に勉強なりました。

非常に盛り沢山の内容でした。
また今後の目指すべき方向性もよく分かりました。
また機会を見つけて本部道場の方へ伺いたいと思います。
そういえば、今回はたまたまTV局の取材の方が来られていて、ここでは言えませんが武道界で有名な方が来られていましたね。

2016.04.25

青山支部での稽古

 先日は私の先生である中太先生が指導される武神館青山支部に稽古に行きました。
武神館青山支部はスパーリングをする、という武神館の中でも独特の稽古法を取り入れている道場です。
この稽古法を取り入れているのは武神館青山支部の中太先生のお考えがあってのことですが、この稽古を行うことで色々と勉強になることがあります。
それはどの拍子、どの間合い、どの○○で技をかけるかということです。
これをやることで、型稽古で身につけた技が生きた技へと昇華します。
また反対に型稽古へフィードバックすることもできます。
私は勝手に天地人と名付けていますが、○○、○○、○○という要素が理解でき、初見宗家が言われている、Martial arts of Distanceという感覚が分かってくると思います。

2016.04.16

金沢城に行ってきました。

 先日は所用で金沢へ行く予定があったので、そのついでに加賀百万石の居城、金沢城と兼六園へ行ってきました。
金沢城は重要文化財を含むほぼ全ての櫓に入り登ることができ面白い場所でした。
石垣も3段重ねで高さも有り壮大で、思った以上に城域も広くて、見た瞬間、おおっ!てなりました。
あと金沢城特有のこの城の壁と屋根が非常に良かったです。
兼六園もさすが三大庭園の名に恥じない規模で池や滝があって良かったです。
帰りは北陸新幹線で一気に関東まで。
金沢は風情や雰囲気のあるいいところでした。

2016.04.09

稽古の写真をUPしてみました。

 本日の稽古で撮った写真です。

古武道習いたい方、募集中です。

場所は東京都港区浜松町です。

初心者や女性の方でも大歓迎です。


やっぱり身体を動かすと気血が巡るのでいいですね(^^)
そういえば、浜松町の駅前で女子中学生のアイドルグループがイベントをやっていて結構たくさん人がいました。

カレンダー

«4月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

フィード

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.