UA-78778073-1

ブログ

2016年06月

2016.06.20

天誅

天誅というゲームがあります。
これは、自分が高校生くらいの時に発売されたゲームで、
メタルギアソリッドなどともにステルスゲームのはしりとなったゲームです。
このゲームは忍者ゲームとして非常に忍者の再現度が高く、
日本ならではの世界観をかなりリアルに表現しており、まさに自分が忍者となって活躍できるゲームです。
自分もこのゲームに出てくるキャラクターのようにアクションをし
てみたいなと思ったものです。
忍者として影に潜み一撃のもとに敵を倒したり、
時には忍具や刀を駆使して敵と戦ったり、忍者としての魅力がたくさん詰まっています。

現代、
忍術流派として忍具の使い方やその他の技法を教えているところは数少なくなってしまいましたが、武神館には戸隠流、雲隠流、玉心流の三つの忍術流派が伝わっています。
手裏剣やまき菱、忍者刀や目つぶしなどを使った技法や、
素手での関節技、投げ技、当身技等の体術、敵から刀や槍、薙刀を奪った際にそれを逆に利用することができるための各種武器術、といった具合に様々な技法が伝わっています。

単なるコスプレではなく、本物の技術、体術、
武器術を身につけた忍者になりたい方は是非、一緒に稽古をしましょう。


古武道/古武術/忍術を習いたい方は連絡お待ちしております。
浜松町(大門)や田町(三田)など、
東京都港区で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も大歓迎です。一から丁寧にお教えします。

 
 
 

2016.06.15

稽古報告⑨

 先日の稽古では、玉虎流骨指術の続きを行いました。
玉虎流骨指術の中略にはいろいろ投げ技も含まれているので、
投げ技もいろいろな種類を行いました。
基本的な投げ技とその応用とその受けの取り方ですね。
それらをメインに行いました。
受身が上達してくれば、
もう少し高度な三次元の投げ技などいろいろ行いたいと思っています。
受身で大事なのは無駄に力まずに、
相手の力に乗るということです。
これができれば、
三次元で投げられようとも投げられる側は楽しくなってきます。
投げられる側が楽しくなれば、
投げ技自体が楽しくなってくるので、いつかはポンポンと三次元で投げまくるような稽古もしてみたいなと思っています。


古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、
東京都港区で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も歓迎です。一から丁寧にお教えしています。

2016.06.13

武神館本部道場での稽古②

 先日もまた本部道場へ稽古に行き、初見宗家のクラスに参加してきました。
宗家は、
「強いやつを倒すのではなく、強いやつを操る、
コントロールすること。悪いやつでも良いやつでも強いやつはたくさんいる。」
「避けようとしないこと。」
ということを何度も強調されておりました。
いろいろと考えさせられる言葉でした。
古武道にはこのようにいろいろ先人、
先駆者たちの知恵が含まれており、非常に深い哲学的なものも含まれています。
一見、身体だけを使うのかと思いきや、
そうでもなかったりするのです。
そう意味では、身体だけでない、
発想の柔軟性やいろいろなものを身につけることができます。
それがただの運動とは違う古武道の持つ奥深さ、
懐の深さなのではないかと思います。


古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、
東京都港区で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も歓迎です。一から丁寧にお教えしています。

2016.06.10

やはり受身は大事

 先日、ふと受身など武道の話をしていて思い出したのですが、やはり受身というのが非常に重要ですね。
受身を取ることで、技から離脱できるだけでなく、そこからの反撃にもつながりますし、何よりも怪我をしないように、稽古を続けるための必須技術となります。
また受身ができますと、3Dの立体的な投げ技が(私は勝手にエアリアルと名付けておりますが)たくさん稽古できるようになるので是非マスターしていきましょう。目指せ!受身十段!という感じでしょうか^^
関節技への極め方についても思い出しましたが、武神館にもいろいろな関節技があります。
極め方についてはいろいろやり方があるのですが、細かい理合いが分かってくればいろいろ応用が効いてくるので面白くなってきます。
どんな習い事も最初はぎこちないですが慣れて上達してくれば徐々に面白くなってきますので、最初はゆっくりでもいいので頑張っていきましょう^^
かくいう私もまだまだ修行中の身なので偉そうなことは言えませんが^^;


古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、東京都内で行っている武神館の道場です。

女性や初心者の方も歓迎です。一から丁寧にお教えします。

2016.06.08

稽古報告⑧

 先日も東京都港区浜松町の神明いきいきプラザで稽古を実施しました。
この日は他道場の黒帯の方が出稽古に来られたので、受身をやってから、基本八法の変化をやりました。
その後は玉虎流骨指術の上略から順番に行い、【虚空】から【指砕】まで、全部で9本の型を行いました。
9本の型をやると同時にそこからの変化、応用も含めて実施しました。
変化、応用については彼我の位置関係から自然と出てくるものですが、これはきちんと稽古を重ねれば誰でもできるようになります。
そこからまた新たな発見もありますので、今後も頑張っていきましょう。

古武道/古武術/忍術を習いたい方は見学お待ちしています。
浜松町(大門)や田町(三田)など、都内で行っている道場です。

2016.06.01

稽古報告⑦

 先日の稽古では、お一人、見学の方が来られました。
稽古は、最初に受身を行いました。
受身もいろいろコツや理合いをお伝えしましたが、万打自得の極みという言葉(一万回打つことで自ずと得るところがある)があるように、数をこなすことで、自然に体に身につくこともあります。
後半は型稽古をメインに行いました。
基本八法の中から、時間の関係上、三本しかできませんでしたが、これで、以前入門された方は一通り、八本の型、全部をやったことになります。
後半の方の技は少し複雑になりますが、この基本の技八本が玉虎流骨指術の根幹であり、武神館の技法の根幹となっていますので、是非マスターしてもらいたいです。
一緒に頑張っていきましょう(^^)!

古武道を習いたい方募集中です。
武神館九流派は旧満州国武徳会会長であった高松寿嗣氏より、初見良昭氏へ伝わった古武道です。
興味がある方は一緒に稽古をしましょう(^^)

お問い合わせはお問い合わせページから(^^)!

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

フィード

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.