UA-78778073-1

ブログ

2016年03月

2016.03.30

身体操作法①

 立つということ


みなさんは立つというと、どういうことをイメージされるでしょうか?

同じ立つという動作でも○○を○○に○○するかで、立つという感覚が大きく変化します。

この感覚を習得すると、非常に動きやすく、居付きの少ない動きになります。

この立ち方は膝への負担も少なく、非常に健康にも良い立ち方になります。

立つという単純な動作であっても、身体操作法、意識を変えるだけで、まったく異なる体感で動けるようにものなのです。

古武道を習いたい方、募集中です。

場所は東京都港区浜松町です。

初心者や女性の方でも大歓迎です。

2016.03.23

武術体についての徒然なる考察①

 私自身は昭和の時代に生まれ、平成の時代に生きている者ですので、古の武人たちがどのような身体操作法を駆使していたかは、知る由もありませんし、直接教傳してもらうこともできません。
しかしながら、少しでも古の武人たちの身体操作法に近づくべく、且つ合理的な体の使い方となるべく、いろいろ考察しておりますので、武神館9流派の技の中にそのエッセンスを織り交ぜながら、徒然なるままに述べてみたいと思っております。
(※私の個人の見解ですので、是非を問うつもりはございません。


先日の稽古では、引き続き武神館の基本八法という技の中から基本となる技をいくつか実施してみました。
その中で、技の始動において、膝の抜きにより体変するという技術がありますが、今回は敢えてそれをやらずに○○による○○動作による始動をやってもらいました。
私は個人的には膝の抜きでは○○の○○の方向が決まってしまうため、やはり、○○による○○動作で動くべきだと考えています。
膝の抜きというのはあくまでも○○の状態を表すもので、瞬間的な動作ではないように思います。
この○○の状態を作ることができれば、無足や浮身といった状態になりますし、その状態において○○を意識すれば、蹴らずにスタスタ歩くような歩き方になります。

古武術、古武道に興味がある方は一緒に稽古しましょう。

場所は東京都港区浜松町です。

初心者や女性の方でも大歓迎です。

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

武神館 開成道場

古武道/古武術/忍術を習いたい方、募集中。

東京都港区、北区でやっています。

古武道/古武術/忍術である武神館の道場です。

忍者好き、歴史好き、女性、初心者の方も歓迎です。

サイト内検索

Copyright (C) bujinkan-tomuro.cloud-line.com All Rights Reserved.